Next.js少し

hanaachiru.hatenablog.com

(人のだけど)

Next.jsチュートリアルっぽいの一通り触ってみたけど、すごい楽しい。Reactは楽しいなーって思ってたけどやっぱりRoutingとかJSXがぐちゃってしまうのとかつらみもあって、Next.jsではそういうのをフォローする感じで楽さが違う

Documentation - Getting Started | Next.js

Next.js公式ドキュメント英語だけど簡潔にまとまってて少しは読めそう

 

Reactもあんまり慣れてないのでこっちやってみたい、今度は

codezine.jp

Amazon Musicにあるジェイミー・フォックス, Quvenzhané Wallis & Rose ByrneのI Don't Need Anything But You (2014 Film Version)を紹介します https://music.amazon.co.jp/albums/B07738LDZL?do=play&trackAsin=B07734QGRS&ref=dm_sh_N2MclNTFanUwirwaSyQ0pYFod

父のようになりたかった、と言うセリフがある。愛してくれる時間をないがしろにした父を嘲る意図もあったと思うが、孤独や悲しみを抱えて育ったビジネスマンに物凄くさしみる言葉だ

ふざけてるわけじゃないだろうけど、物申したい気持ちはすごくよくわかる。

おそらくほとんどの卒業生がこういったファイン系アートの方向で飯を食っていきたくてもいけないし、この展示で良い就職をする為の実績を残したい卒業生もたくさんいるはず。少なくとも僕が知ってる美大生の多くはそういう苦悩を経て社会人として普通の会社に就職して暮らしてる。

世間一般の理解を「理解できないのはセンスがないから」みたいなこと言って蔑ろにしてるひとこそ本当にセンスがないと思う。アートだからってなんでも裏切ればかっこいいわけじゃない、訴えかけたいものがあって真剣に向き合ってやってきてこれからの人生もかけて臨んでる出展者がいるんだからそれなりのものを出さなきゃいけなかったわけだけど、擁護してるブコメのほとんどが感動はしてないよね?するほどのものにはなってない、ファインアートとしてじっくりと鑑賞して味わうほど高いクオリティには仕上がってないと思うけど、どうだろうか。。

このDMで良いと思った人はちゃんと足を運んで、目にする作品群と比べてみて欲しい。僕が今まで見た卒展の中にはもっとたくさんの人が凄いと感じてくれるようなものもあった。アーティストにならなかった人が作ったものの中、で。