報酬と著作権侵害禁止の二つは文学を破滅させる基である
ショーペンハウエル
読書について