読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おじいちゃんの昔話

自衛隊舞鶴に駐屯したとき聞いてなかったけとおばあちゃんが突然ふとんをしょってやってきたので、驚いた

舞鶴から西舞鶴へ歩いてトンネル通ってやってきて何ヶ月かそこで暮らして喧嘩もよくしたけど、映画見たり同僚がみんな寄るうどん屋さんへ一緒に行って一杯10円のうどんを食べて暮らした

 

同僚と一緒に夫婦2組で天橋立へ旅行に行ったとき、おじいちゃんがずっと話しかけてくれなくてそれをおばあちゃんは今でも恨んでる。恨まれてると思う、とおじいちゃん

 

 

おばあちゃんは歌が上手くて、若い頃から評判だった。村で何か催しがあると若い衆に呼ばれて歌ったりしてた。学生のころ東京で下宿していた自分に支那へ慰問に行くと言いだした。東京にいた姉夫婦の旦那さんに「女が一人で戦地へ行ったら慰み者にされるし危ないだけだ!」猛反対されてやめたが今考えると良かったと思う、と言っていた