読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人によって育て方があることを学んだ。あいつには恫喝的な指導ではダメだった

そう言う上司の言葉は、今でも他の部下への恫喝的な指導を続ける自分を肯定したいがための言い訳にしか聞こえなかった

指導する相手を見極めきれなかっただけで恫喝的な指導方法そのものには問題はない、として、暗に指導についてこれなかった部下の資質のせいにしようともしてる

恫喝的な指導をすることで部下が病んで、それを見習ってそのまた部下を恫喝的に指導してそのまた部下が病んで

負の連鎖を生み出していることに気づく日は来ないだろうな、きっと

育成とかコミュニケーションとかじゃない。この組織が腐ったのはマネージャーやリーダーが軒並み、これからの自分の仕事に希望を失ってしまったからだと思う