めも


すべて俗物どもの大きな悩みは、理想によって慰められることがなく、退屈から逃れるのに必ず現実を必要とすると言う点である
ショーペンハウアー 「幸福について」第二章「人のあり方いついて」